TEST Chair

 02 Others  TEST Chair はコメントを受け付けていません。
7月 272015
 

■①タイトル
TEST Chair

■②割り付け図

■③レーザーカッターの出力設定(メール本文に記述すること)
・使用したレーザーカッターの名称:ものづくり赤レーザー
・赤線加工:Power:80%、Speed:70%
・青線加工:Power:20%、Speed:70%

■④プレゼンシート(授業用フォーマットを用いる)
PresenSheet01
PresenSheet02

■⑤その他データ
<1脚作成するのに所要する時間>
・レーザーカッティング:20分
・組み立て:20分
<使用ダンボール>
・厚さ:5mm
・平面サイズ:800*600mm
・枚数:10枚

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ShutaTAKAGI 作『TEST Chair』はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

 Posted by at 6:03 am

レーザーカッター(Trotec製)の使用方法

 02 Others  レーザーカッター(Trotec製)の使用方法 はコメントを受け付けていません。
7月 092015
 

加工範囲:610*305
運用上の注意:データを管理人の方にお渡しし、カットしてもらいます(個人で機械を操作することはできません)
データ:赤/青レーザー同様、Illustratorで線種/カラーの設定をする
保存形式:Illustrator CS2

 Posted by at 8:01 am

森アトリエレーザーカッターの環境設定・使い方

 02 Others  森アトリエレーザーカッターの環境設定・使い方 はコメントを受け付けていません。
6月 112015
 

森アトリエのレーザーカッターのセットアップ~切り出しまで解説する。

<7/9 ルール追記>
・作業開始時、終了時ともにレンズに異常・汚れがないことを確認すること
・コンプレッサーは付けたり消したりしないこと。作業中は常時「オン」にする

<機材の説明>
・「コンプレサー」:レーザー手前に置いてあるモーター機材。照射口に風を吹き付ける。温度上昇を防ぐ。炎を吹き消す。
・「集塵機」:PCが置いてある黒いボックス。粉塵や煙を吸引する

■はじめに(重要)
レーザーカッターは使い方によっては大怪我や火災等の事故を起こしかねません。
また、ものづくり工房のレーザーカッターの旧式のものになります。ものづくり工房のものに比べ出力が弱いため注意してください。
レーザー講習を受けていない学生は使用することができません。
レーザー講習を受けたという方もものづくり工房のレーザーとは使い方が異なるため、この記事をよく読んでひとつひとつの行程を確認をしてから作業をしてください。
また、レーザーカット作業は自己責任で行って下さい。
当記事の内容で事故怪我等が起ったとしても当方は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

松川研と池田研が入っている森アトリエのレーザーカッターは松川研と池田研の方々の理解によって使わせていただいているものです。
迷惑がかからないよう十分に注意してください。

■レーザカッターの使い方
森アトリエにあるPCを使って作業を行います。

●イラストレーターでのデータの作り方
・線の設定
カットする線の種類はRGB色によって識別される。
新規ファイル作成でRGBを選択する。

31

またはエクスポートしたオブジェクトを選択してRGB設定にする。

32

主に使われる線の種類は以下の通り
赤:カット線  R:255 G:0 B:0
線幅:全て0.02pt

33

ここで作成したデータを保存して森アトリエにもっていきます。
森アトリエにあるコンピューターにはイラストレーターCS2しか入っていないので保存時にCS2に互換性を持たせるようにします。
r3print

・レーザーにデータを送る(印刷)
プリンタードライバをVLS6.60として、レーザーカッターを使用する。
イラレ上のプリントからレーザーにデータを送る。
print

●レーザーカッターの準備
・窓を開ける
作業時に出る煙や煤を排出する排気管の為に窓を開ける。
レーザーの煙が森アトリエ内に充満しないように部屋の扉を閉める。

IMG_0453

・コンプレッサーのスイッチを付ける
IMG_0451

スイッチを入れた後、バルブをひねる。
IMG_0452

使用後はバルブをひねり、空気の通りをなくす。

※コンプレッサーが動作していない状態でレーザーカッターを使用するのは大変危険です。コンプレッサーのスイッチは入っているか、バルブをひねっているか、の2点を確認してください。

・レーザーのスイッチを入れる
レーザーの足元にあるトランスフォーマーのスイッチをONにして電源を入れる。
IMG_0461[1]

次にレーザーの本体のスイッチを○から-にして電源を入れる。
IMG_0458
IMG_0454

※レーザーの電源が入ると、バーは自動的に元の場所に戻る。
・材を台に乗せる
↓ボタンを押すことで台が下がる。
台を下げたら、切り出しを行う材を代に乗せる。

木材の歪みが強い場合は写真の養生テープで台に直接固定する。養生テープはレーザーで切り出されても問題ない。
(裏面のこげを伏せぎたい場合は、写真のように下に一枚廃材を敷くと良い)
・台の高さを設定する
材を置いた後、高さを決める道具(写真参照)の溝をを反射鏡のしたにあて、道具の底が材にあたるまで台を少しづつあげて調整する。
IMG_0469
IMG_0459

●UCPでの設定を行う

・デスクトップからUCPを開きレーザーカッターの電源を入れる
電源オン

・素材データベースを開き、素材に合った基本データを反映させる
今回は「天然」-「マットボード」を選択(森アトリエのユーザーインターフェースは英語なので注意)

厚さ:5mm(部材の厚みを入力します)
単位:ミリメートル
「適応」を押す
※unitがインチではなくmmになっていることをチェックすること
厚さの設定、unitの設定

・「手動制御」を設定する
今回使用する赤色、青色を設定していく。

出力設定

・ポインターを任意の場所(カットする板材の端点等)に置く
カットデータが板材に入るかを確認する。

39

・「ポインターに合わせる」で最後にポインターを置いた場所にカットデータの位置を移動できる

40

・推定予想時間を計算できる

41

・設定、レーザーカッターの準備を行った後「再生」ボタンを押してカット開始

42

●使用後の注意
・レーザー台の高さを次の人の為に下げておく。
・レーザーの本体スイッチをオフにする。

・ノズルの手入れをする
※レーザーの電源が入っていない場合は、手でバーを動かすことができる。しかし、電源が入っている場合は触れないこと。
レーザーの上に置いてある麺棒に専用のクレンザーを付け、こすりながらノズルの汚れを取る。
森アトリエのレーザーはノズルの取り外しができないため、綿棒で下から汚れを擦り取る。
IMG_0465

・斜光鏡を取り外し、Lens Clens液がついている方の綿棒先を使用して掃除する。
両面を磨いたら、乾いた方の綿棒先で乾拭きする。
38752

・コンプレッサーはバルブを先に締めてからスイッチをオフにする。

※レーザーカッターは他の研究室や授業でも使っている共有物です。他の方に迷惑をかけないようにマナーをまもって使用しましょう。

 Posted by at 9:39 am

【ものづくり工房】レーザーカッターの環境設定・使い方

 02 Others  【ものづくり工房】レーザーカッターの環境設定・使い方 はコメントを受け付けていません。
5月 072015
 

ものづくり工房のレーザーカッターのセットアップ~木材の切り出しまで解説する。

■レーザーカッター講習会日時
・5/30(土)
10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00
・5/31(日)
10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00
同じ内容のものを計6回行う。講習は2時間を予定しています。
参加希望者は以下のスプレドシートに記入する事。
各回参加者は10人までとし、希望は早いもの順とします。

■レーザーカッター講習リスケジュール

◯6/4(木):16:30~18:30
◯6/6(土):10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00
◯6/7(日):10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00

のいずれかで選択。
下記のスプレッドシートの希望時間帯に名前を記入すること。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1furAbpva1G1YAceFg3M75tHgoUwBCwFBrUR7FMq1Ok4/edit#gid=0
(※レーザー講習の班分けが次回までの課題のグループになるので注意すること)

Continue reading »

 Posted by at 1:33 pm

Rhinoceros5 Windows評価版のインストール方法

 02 Others  Rhinoceros5 Windows評価版のインストール方法 はコメントを受け付けていません。
4月 092015
 

Rhinoceros5評価版のインストール方法

1)下記リンクにアクセスし、必要項目を入力のうえ[ダウンロード]をクリックしてインストーラーをダウンロードする http://www.rhino3d.co.jp/product/Rhino50/download.html

2)インストール画面にしたがってインストールする

注意事項Evaluation(評価版)について

Rhinoceros5 評価版は「試用期限付きの評価版」です。ご自由にダウンロードすることが出来ます。

  • Rhinoceros5 評価版は、Rhinoceros5のすべての機能(クリップボード以外)を、インストールした日から90日間お試しできます
  • 試用期間の終了後は、ファイルの保存及びプラグインの実行を行うことはできません。 (試用後も、モデルデータを開いて操作を行ったり、ヘルプを読むことは可能です)
  • 評価版は、プログラムをアンインストールすることなく、Rhinoceros5製品版に移行できます。 (製品版へ移行するには、Rhinoceros5製品版ライセンスキー(CD-Key)を評価版に入力します)
  • ダウンロードには460メガ程度の空き容量が必要です。
 Posted by at 12:27 pm

Rhinoceros5 Mac版のインストール方法

 02 Others  Rhinoceros5 Mac版のインストール方法 はコメントを受け付けていません。
4月 092015
 

Rhinoceros5Mac版のインストール方法

1)下記リンクにアクセスし、E-mailアドレスを入力のうえ[次へ]をクリックして送られてくるメールからインストーラーをダウンロードする http://www.rhino3d.co.jp/product/Rhino50/download.html

2)インストール画面にしたがってインストールする。この際、送られてきたメールのライセンスコードを入力する事。

注意事項Rhino for Mac(Mac版)について

Rhinoceros5 Mac版は「開発中のβ版」です。ご自由にダウンロードすることが出来ます。

  • Rhinoceros5 Mac版は、Rhinoceros5の一部の機能が、実装されていません。
  • Mac版は、Windows版とはユーザビリティが違う部分があり、授業の説明とは異なった操作が必要となる場合があります。
  • Mac版にはLayout機能が実装されていないので、提出物を印刷する際にはWindows版を使用してください。
 Posted by at 11:59 am

Adobeイラストレーター初心者のための覚書き

 02 Others  Adobeイラストレーター初心者のための覚書き はコメントを受け付けていません。
4月 092015
 

■注意

以降掲載している画像はすべてwindows、バージョン「CS6」(※λ教室のPCにインストールされているイラストレーターと同じバージョン)の操作画面のキャプチャ画像です。


■公式リファレンス

http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/topics.html


■作業を始めるまえに

①作業に必要な「ウィンドウ」をすべて表示する

・作業画面上部ツールバー[ウィンドウ(W)]から必要な項目にチェックを入れる
バー

<表示しておくと便利なウィンドウ>
・コントロール
・カラー
・ナビゲーター
・書式→文字
・レイヤー
・整列
・線

②「コピー元のレイヤーにペースト」をオンにする

・レイヤーウィンドウのオプションボタン(下記画像赤印)→「コピー元のレイヤーにペースト」をオン
※ライノと同じようにコピー&ペーストがレイヤの情報が保持されたまま行えるようになる

レイヤ

③「スマートガイド」「ポイントにスナップ」をオンにする

・作業画面上部ツールバー[表示(V)]の「スマートガイド」「ポイントにスナップ」をオン
※ライノの「オブジェクトスナップ」に相当
バー


■ツール

ツールバー

・様々なツールを切り替え
・最も使用するウィンドウ

<よく使うツール>
※表示されていないアイコンは左下に▼マークがついているアイコンを長押しで展開される

ar_25 選択ツール:オブジェクトの選択

dr_29 線ツール:線分の描画

dr_30 円弧ツール:円弧の描画

dr_34 長方形ツール:長方形の描画

dr_36 楕楕円形ツール:楕円・円の描画

dr_41 ペンツール:ポリライン、ペジェ曲線の描画

pt_04 スポイトツール:オブジェクト属性のコピー

rs_01 回転ツール:オブジェクトの回転

rs_03 拡大・縮小ツール:オブジェクトの拡大・縮小

tp_02 文字ツール:テキストオブジェクトの作成

wa_06 手のひらツール:画面のパン操作

wa_08 ズームツール:画面のズーム操作

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/tool-galleries.html


■用紙サイズの決定・変更
(授業の課題ではテンプレートを使用するのでこの項目は参考として。)

①作業画面上部ツールバー[ファイル(F)]→[ドキュメントの設定(D)]
バー

②[アートボードを編集(D)]をクリック
ドキュメント

③作業画面上部ツールバー下段のプロパティでサイズを変更する(サイズはW:800/H:600を指定する)
アートボード
ドキュメントサイズ

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/using-multiple-artboards.html


■オブジェクトのコピー・ペースト

(オブジェクトを「選択ツール」で選択している状態で)

【win】
・コピー:Ctrl+C
・ペースト:Ctrl+V
・コピーした位置と同じ位置でペースト:Ctrl+F

【mac】
・コピー:command+C
・ペースト:command+V
・コピーした位置と同じ位置でペースト:command+F


■レイヤ

レイヤ

・ライノのレイヤ機能とほぼ同じ

・「現在のレイヤ(ハイライト表示)」「表示/非表示」、「ロック/アンロック」を使い分ける
レイヤ2

・レイヤの追加や削除はレイヤウィンドウ右下の下記のアイコンから
レイヤ3

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/layers.html


■画像
・貼り付け方:作業画面上部ツールバー[ファイル(F)]→[配置(L)]
バー

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/importing-artwork-files.html


■オブジェクトサイズの移動、変形

・手動あるいは、数値入力でサイズを移動、変更が可能。

・【手動】「選択ツール」でオブジェクトを選択→バウンディングボックスをピックして移動、変形
※移動は矢印キーでも可能
手動変形1 >> 手動変形2 >>

手動変形3

・【数値入力】「選択ツール」でオブジェクトを選択→「変形ウィンドウ」に数値入力
手動変形1 >> 変形 >>

手動変形3

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/transforming-objects.html


■色

カラー

・「カラーウィンドウ」の下図のアイコンをそれぞれクリックして「線」の色と「塗り」の色を設定できる
(例:下図の状態は 線は黒色、塗りは白色)
色2

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/color.html


■文字

・【任意の位置へのテキストの入力】「文字ツール」を選択→任意の位置でワンクリック→文字入力
文字1

・【エリア内への文字の入力(テキストボックス)】「文字ツール」を選択→任意の位置で斜めにドラッグ→文字入力
文字2

・「文字ウィンドウ」でフォント、文字組などを編集する
文字

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/creating-text.html


■整列

整列

・複数のオブジェクトを選択し、位置合わせをするコマンド
・「方向寄せ」のほかに「等間隔配置のコマンド」ある

・【基準オブジェクト無し整列】
(例:中央寄せ)
整列させたいオブジェクトを複数選択
→中央寄せコマンド呼び出し
→複数選択したオブジェクトの中央で整列
1 >> 4

・【基準オブジェクト有り整列】
(例:中央寄せ)
整列させたいオブジェクトを複数選択
基準とするオブジェクトをもう一度クリック(1つのみ)
→中央寄せコマンド呼び出し
→基準とするオブジェクトの中央で整列
1 >> 3 >>

5

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/moving-aligning-distributing-objects.html


■ポスター印刷

例)A1のドキュメントをA3サイズのプリンタでポスター印刷
print

イラストレーターのプリントウィンドウで
①[用紙サイズ(Z)]を「A3」にする
②[拡大・縮小]を「タイル(プリント可能範囲)」にする


 Posted by at 11:21 am