第6回(Rhino)マテリアルの設定、V-Rayによるレンダリング、レイアウト

 #06 2018/05/25(金)@λ11  第6回(Rhino)マテリアルの設定、V-Rayによるレンダリング、レイアウト はコメントを受け付けていません。
5月 212015
 

【講習1】- vrayとは

■レンダリング

レンダリングとはデータとして与えられたモデルを計算によって画像化すること。3次元物体のデータを画像化するときには、視点位置・光源(位置・種類・数)・物体(形状・材質)・頂点座標を加味し、陰面消去・陰影付け等の作業を経る。(はてなダイアリーより)

■V-ray

vrayはrhinocerosのプラグインとして動作し、非常に高速でフォトリアルなレンダリングができる。レンダラーのみにもかかわらず価格は10万円を超えるが、上記の特質のためレタッチにかかる手間などが大幅に低減できるため、かえって経費削減につながり、映画や建築ビジュアライゼーション等のプロ業界では大変広く利用されている。(wikipediaより)

※Vray for Rhino ver3.0 tutorial for Architects
https://docs.chaosgroup.com/display/VRAYRHINO/V-Ray+for+Rhino+QuickStart+-+Intro+for+Architects

 


【講習2】- マテリアルの設定

 

■「現在のレンダラー」の設定
・メニューバー > レンダリング > 現在のレンダラ > V-Ray for Rhino

■vrayでのマテリアル設定

<A.vismatデータを貼り付ける>
「vismat」:レンダリング用に質感、反射率などを設定してある形式の素材ファイル

vismatでマテリアルを設定すると、細かな設定が不要なので簡単に高精度のレンダリングが可能。
以下のサイトなどでフリーの素材がダウンロード可能なので参考にすること。

※このサイトは一例にすぎず、「vismat library」などで検索し様々な素材を探してみること

①vrayメニューの「M」ボタンをクリック(下記画像の赤印)
vraymenu

②scene materialsを右クリックし、load materialsをクリック
→vismat形式のファイル(拡張子.vismat)を選択
vraymaterial

③loadしたmaterialを右クリック
→apply to layer をクリックし、割り当てたいレイヤーを選択する
(apply to object でオブジェクト毎に割り当てることも可能)
vraymaterial2 >> tolayer

※Rhinoのレイヤプロパティからマテリアル設定することも可能

(vismatのマテリアル設定が出来ている状態で)
①’Rhinoのレイヤプロパティ「マテリアル」の項目をクリック
A_1

②’「Assign material by plug-in: V-Ray for Rhino」のチェックボックスをオンにする
materialRhino >>

③’「参考」をクリック
materialRhino2

④’vrayで設定されたマテリアルを割り当てる
vraymaterial3

<B.画像データを貼り付ける>
vismat形式のデータがない場合(芝生など)は画像を用いてレンダリングを行う。

①Scene Materialsを右クリック
→Create Material
→Standard
vraymaterial

②Colorの項目の右横の「m」をクリックする
materialImg

③選択ボックスから「TexBitmap」を選択
→画像を指定
textureEdit

④デッキなどのように反復してタイルのように画像貼り付けを行いたいときは、「UVW」の欄のrepeatの値を変える
(縦に2枚、横に3枚で埋めるように貼り付けたいときはUを2に、Vを3にする)
uv

【演習1】
■マテリアルの設定


【講習3】- vrayレンダラーによる外観パースイメージの出力

 

■太陽の設定(Sun)

<1.位置と座標>

※デフォルトの設定では、太陽光がとても明るく設定されているので、注意すること。そのコントロールの方法を以下に示す。
※rhinoのx座標正方向が東、y座標正方向が北として太陽は配置される。方位を合わせたい場合は、モデルを平面上で正しい向きに回転させること

①vrayメニューの「sun」ボタンをクリック(下記画像の赤印)
vraymenu_sun

②「手動コントロール」のチェックを外して、緯度や経度、日付、時間を設定する
sun

③(rhinoオブジェクトとして)太陽を配置する
※配置する座標はどこでもよい(何処でもよいので設置すればよい)
※太陽を複数個配置することも可能だが、紛らわしくなるので1つにしておくこと
※太陽用のレイヤを作成すること
sun

④太陽の再設定方法
太陽オブジェクトを選択
→オブジェクトプロパティの光源マーク
→[Modify Sun]
modify

<2.太陽光の設定>

①vrayメニューの「O」ボタンをクリック(下記画像の赤印)
vraymenu_o

②Environmenttのタグをクリックして展開
option2 >> environemnt

③下記の項目それぞれに太陽の設定を反映させる
・GI(skylight)
・Reflection/refraction (background)
→「m」(場合によっては「M」)をクリック
→選択ボックスから「から「TexSky」を選択
→Default Sky Options の Sun を「Sun1」に設定する
※太陽が設定されていないと選択できない
※太陽が複数個設置されている場合は、Sun2,Sun3,,,と選択できる項目が増える
environemnt2 >> sky

[参考]ozone値は太陽光の色に影響する値。高ければ高いほど青くなる。青くなりやすいので、調整すること。

 

■解像度の設定

①vrayメニューの「O」ボタンをクリック(下記画像の赤印)
vraymenu_o

②Outputのタグをクリックして展開
→Override viewportをオンにする
→解像度が設定できるので数値を入力する(あるいはプリセットのサイズを選択する)
※大きければ大きいほど高い画質のものが取り出せるが、レンダリング時間がかかる
※最初はテスト用に低解像度のもので設定して、どんなレンダリング画像が出力されるかスタディすること
option >> output

■画角の設定

NamedView Camera ビューポートカメラの表示、非表示、トグル nv link

gakaku
・(何もオブジェクトを選択していない状態で)オブジェクトプロパティ
→レンズ長を調整する
※値が小さいほど広角になる

■写真へのはめ込み

・森アトリエの写真を撮影する。※写真に二面映っていること

IMG_2261

http://firestorage.jp/download/cbff7efa51784102eda382c2ad61c549c9f9d137

①画像をライノのパースペクティブビューの背景に挿入する。

ViewportPropertiesコマンドを使用してパースビューポートに画像を配置する。

PerspectiveMatchで位置を指定して、パースビューをビューポートの壁紙として使用されている画像に合わせる。

・壁紙があるビューポートをクリックしてアクティブにし、PerspectiveMatchコマンドを実行する。

・壁紙上の点を慎重にピックして、モデル上の対応する3D点をピックする。

・壁紙上の点と3D点の対を少なくとも6つピックするまで選択を続け、Enterキーを押す。

rhino_perspectiveMatch

※上の画像の状態になればOK

■ビューの保存(NamedView)
img_namedview
・お気に入りのビューを保存する

NamedView NamedView 名前の付いたビューパネルをトグル nv link

 

■カメラの設定
①vrayメニューの「O」ボタンをクリック(下記画像の赤印)

vraymenu_o

②Cameraのタグをクリックして展開
option3 >> camera

③Phisical cameraをオンにする(現実のカメラのような設定をすることが可能)
camera

④レンダリング時に下記の値を自身で設定し、スタディしてみること
camera2

1) Shutter speed (シャッタースピード):wikipedia
2) F-number (F値、絞り値):wikipedia
3) Film speed (ISO感度):wikipedia

[参考]レンダリング画像が白飛びしてしまう場合ははシャッタースピードを200~300程に上げてみること

 

■レンダリング
①vrayメニューの「R」ボタンをクリック(下記画像の赤印)
vraymenu_R

②レンダリング画面
→レンダリングが終了したら、フロッピーマークをクリックして保存する。

→保存形式はTargaを選択する。
rander

③外観パース作成例
mainImg

【演習2】
■vrayレンダラーによる外観パースイメージの出力

 

■Photoshopによるレタッチ

※講義でのみ説明


【講習4】- vrayレンダラーによる外観パースイメージの出力

■家具データのインポート(Import)
・例)GoogleSketchUp 3Dギャラリーからの家具データDL >> http://sketchup.google.com/3dwarehouse/
・ImportコマンドでRhinoファイルにインポートする

open... Import
(アイコンを右クリック)
インポート imp link

 

■家具の配置(group, block)
chair2
・インポートした家具データを配置する

block
・同じデータを複数回コピーして使用する場合はgroupコマンドやblockコマンドが便利
・上図はブロックを管理・編集するブロックマネージャ

[参考]家具のmake2D

①分解
スケッチアップのモデルはblockコマンドで複数のオブジェクトがひとまとめになっている場合がある。
これを分解するためにexplodeコマンドを用いる。二重三重にブロック化されてることもあるので注意すること。②メッシュのNURBS化
データはメッシュデータでインポートされるが、メッシュで構成されたモデルはmake2Dで線が生成されない場合がある。
MeshToNURBコマンドで変換すること。

Group グループ化 g link
Block ブロック定義 bl link

 

【演習3】
■家具の配置


■室内のレンダリング:照明の設定(DirectionalLight, LinearLight, PointLight, RectangularLight, Spotlight)

※室内パースをレンダリングする際は輝度不足となるので照明を設定する

①光源の配置例
light1 light2
上図例では点照明(PointLight)を室内全体に配置した

②照明の強度・色味の調整
light
照明を選択
→オブジェクトプロパティの光源マーク
→Intensity欄の[Color]:色の調整、[Intensity]で強度を設定

③室内レンダリング例1
test01 test
左図:照明を設定しなかった場合の内観例
右図:照明を設定した場合の内観例

④室内レンダリング例2
tes
照明を配置しなくても、うまく太陽光を取り入れることで下図のような画像を生成できる

[参考]照明を配置しても明るくならない場合
→照明のプロパティIntensity欄の[Unit]を「Default」から「Radiant power」に変更する
lightP

spotlight Spotlight スポット光源作成 link
point_light PointLight 点光源作成 link
directional_light DirectionalLight 指向性光源作成 link
rectangular_light RectangularLight 矩形光源作成 link
linear_light LinearLight 線光源作成 link

 

【演習4】
■vrayレンダラーによる内観パースイメージの出力


【講習5】- 線データのillustratorへのエクスポート

■エクスポート(Export)
exp >> exp4 >>

exp2 >> exp3

・エクスポートしたいモデルを選択した状態で「Export」を実行する
・ファイルの種類を「Adobe Illustrator (*.ai)」に選択する
・AIエクスポートオプションでスケールを設定する 例「100ミリメートル = 1mm」で1/100スケールエクスポート
・Adobe Illustratorのファイルが生成される

・Adobeイラストレーター初心者のための覚書き
http://isho2016.000lab.com/?p=47

Export
(アイコンを右クリック)
選択オブジェクトをエクスポート exp link

 

【演習5】
■各種図面のエクスポート


【最終課題】

「森アトリエ800mm×600mmプレゼンシート」の作成

・提出締切:#07  講評会開始前(13:00)
・Adobe Illustratorでレイアウトすること
・授業教室がオミクロン22になるので注意
・授業前にオミクロンの一階に張り出すのでTASAの指示に従うこと

・Adobeイラストレーター初心者のための覚書き
http://isho2015.000lab.com/?p=47

・800mm×600mmサイズの紙面に出力して提出すること
(用紙をつぎはぎし800mm×600mmに整えてもよい,ボード化不可)

・課題詳細
http://isho2015.000lab.com/?cat=23

 Posted by at 8:56 am

Adobeイラストレーター初心者のための覚書き

 #06 2018/05/25(金)@λ11  Adobeイラストレーター初心者のための覚書き はコメントを受け付けていません。
4月 092015
 

■注意

以降掲載している画像はすべてwindows、バージョン「CS6」(※λ教室のPCにインストールされているイラストレーターと同じバージョン)の操作画面のキャプチャ画像です。


■公式リファレンス

http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/topics.html


■作業を始めるまえに

①作業に必要な「ウィンドウ」をすべて表示する

・作業画面上部ツールバー[ウィンドウ(W)]から必要な項目にチェックを入れる
バー

<表示しておくと便利なウィンドウ>
・コントロール
・カラー
・ナビゲーター
・書式→文字
・レイヤー
・整列
・線

②「コピー元のレイヤーにペースト」をオンにする

・レイヤーウィンドウのオプションボタン(下記画像赤印)→「コピー元のレイヤーにペースト」をオン
※ライノと同じようにコピー&ペーストがレイヤの情報が保持されたまま行えるようになる

レイヤ

③「スマートガイド」「ポイントにスナップ」をオンにする

・作業画面上部ツールバー[表示(V)]の「スマートガイド」「ポイントにスナップ」をオン
※ライノの「オブジェクトスナップ」に相当
バー


■ツール

ツールバー

・様々なツールを切り替え
・最も使用するウィンドウ

<よく使うツール>
※表示されていないアイコンは左下に▼マークがついているアイコンを長押しで展開される

ar_25 選択ツール:オブジェクトの選択

dr_29 線ツール:線分の描画

dr_30 円弧ツール:円弧の描画

dr_34 長方形ツール:長方形の描画

dr_36 楕楕円形ツール:楕円・円の描画

dr_41 ペンツール:ポリライン、ペジェ曲線の描画

pt_04 スポイトツール:オブジェクト属性のコピー

rs_01 回転ツール:オブジェクトの回転

rs_03 拡大・縮小ツール:オブジェクトの拡大・縮小

tp_02 文字ツール:テキストオブジェクトの作成

wa_06 手のひらツール:画面のパン操作

wa_08 ズームツール:画面のズーム操作

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/tool-galleries.html


■用紙サイズの決定・変更
(授業の課題ではテンプレートを使用するのでこの項目は参考として。)

①作業画面上部ツールバー[ファイル(F)]→[ドキュメントの設定(D)]
バー

②[アートボードを編集(D)]をクリック
ドキュメント

③作業画面上部ツールバー下段のプロパティでサイズを変更する(サイズはW:800/H:600を指定する)
アートボード
ドキュメントサイズ

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/using-multiple-artboards.html


■オブジェクトのコピー・ペースト

(オブジェクトを「選択ツール」で選択している状態で)

【win】
・コピー:Ctrl+C
・ペースト:Ctrl+V
・コピーした位置と同じ位置でペースト:Ctrl+F

【mac】
・コピー:command+C
・ペースト:command+V
・コピーした位置と同じ位置でペースト:command+F


■レイヤ

レイヤ

・ライノのレイヤ機能とほぼ同じ

・「現在のレイヤ(ハイライト表示)」「表示/非表示」、「ロック/アンロック」を使い分ける
レイヤ2

・レイヤの追加や削除はレイヤウィンドウ右下の下記のアイコンから
レイヤ3

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/layers.html


■画像
・貼り付け方:作業画面上部ツールバー[ファイル(F)]→[配置(L)]
バー

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/importing-artwork-files.html


■オブジェクトサイズの移動、変形

・手動あるいは、数値入力でサイズを移動、変更が可能。

・【手動】「選択ツール」でオブジェクトを選択→バウンディングボックスをピックして移動、変形
※移動は矢印キーでも可能
手動変形1 >> 手動変形2 >>

手動変形3

・【数値入力】「選択ツール」でオブジェクトを選択→「変形ウィンドウ」に数値入力
手動変形1 >> 変形 >>

手動変形3

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/transforming-objects.html


■色

カラー

・「カラーウィンドウ」の下図のアイコンをそれぞれクリックして「線」の色と「塗り」の色を設定できる
(例:下図の状態は 線は黒色、塗りは白色)
色2

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/color.html


■文字

・【任意の位置へのテキストの入力】「文字ツール」を選択→任意の位置でワンクリック→文字入力
文字1

・【エリア内への文字の入力(テキストボックス)】「文字ツール」を選択→任意の位置で斜めにドラッグ→文字入力
文字2

・「文字ウィンドウ」でフォント、文字組などを編集する
文字

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/creating-text.html


■整列

整列

・複数のオブジェクトを選択し、位置合わせをするコマンド
・「方向寄せ」のほかに「等間隔配置のコマンド」ある

・【基準オブジェクト無し整列】
(例:中央寄せ)
整列させたいオブジェクトを複数選択
→中央寄せコマンド呼び出し
→複数選択したオブジェクトの中央で整列
1 >> 4

・【基準オブジェクト有り整列】
(例:中央寄せ)
整列させたいオブジェクトを複数選択
基準とするオブジェクトをもう一度クリック(1つのみ)
→中央寄せコマンド呼び出し
→基準とするオブジェクトの中央で整列
1 >> 3 >>

5

公式リファレンス:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/moving-aligning-distributing-objects.html


■ポスター印刷

例)A1のドキュメントをA3サイズのプリンタでポスター印刷
print

イラストレーターのプリントウィンドウで
①[用紙サイズ(Z)]を「A3」にする
②[拡大・縮小]を「タイル(プリント可能範囲)」にする


 Posted by at 11:21 am

【Rhino】最終課題レイアウト例

 #06 2018/05/25(金)@λ11  【Rhino】最終課題レイアウト例 はコメントを受け付けていません。
4月 092015
 

【最終課題】(確認)

「森アトリエA1プレゼンボード」の作成

・提出締切:#07 Rhinoceros回の講評会開始前
・Adobe Illustratorでレイアウトすること
・800mm x 600mm(横使い)サイズの紙面に出力して提出すること(パネル化してもよい)

・必要図面
 ・1F平面図(1/1001/100あるいは1/150) 1面
 ・2F平面図(1/1001/100あるいは1/150) 1面
 ・長手断面図(1/1001/100あるいは1/150) 1面
 ・長手立面図(1/1001/100あるいは1/150) 1面
 ・短手立面図(1/1001/100あるいは1/150) 1面
 ・配置図(屋根伏図含む。スケール自由) 1面
・必要パース
 ・室外パース 1面
 ・室内パース 2面
・必要文字
 ・建築名、設計者名
 ・各図面、パースなどのキャプション

・注意、その他
 ・配置した家具を平面図にも反映させること
 ・人、植栽など適宜加えること
 ・学籍番号、氏名を記入すること
 ・パースはレンダリングによる画像を使用すること(Rhinoレンダラー以外のレンダラーを使用しても良い)


■【Rhino】最終課題レイアウト例

<A1パネルレイアウト例>
131220_layout_takagi_RGB

・用意した画像、図面を見やすいように整列し上図の様にレイアウトする(後述のグリッドレイアウトを参照のこと)
・上図レイアウトでは家具データが平面図に反映されていないが、適宜配置すること
・上図レイアウトでは説明文(あるいはキャプション)などは省略したが、必要な場合は適宜加えること

<グリッドレイアウト>
131220_layout_takagi_grid_RGB

・レイアウト用のグリッド線を作図すると整然としたレウアウトが可能。(実際はグリッド線は表示しない。レイアウト用の基準線。)
・高木が作成したものも非表示されたグリッドを表示すると画像、図面がすべてグリッドレイアウトに沿って配置されているのがわかる

<グリッドレイアウトデータ(イラストレータデータ)>
131220_layout
・参考までにグリッドデータを公開します。(使わなくても良い)
・上記リンクからダウンロードしてください。

 Posted by at 11:01 am