#07

 #07 2016/05/27(金)  #07 はコメントを受け付けていません。
5月 272015
 

■00/00 授業進行スケジュール

<内容>
・森アトリエプレゼンボード 講評会
・椅子製作課題 課題説明
(※講評会は講評作品を先生/学生投票で8点ほど選出しプレゼン,講評します)

<会場>
・課題説明・講評:オミクロン22教室
・提出物展示:オミクロン22 1階 オープンスペース

<スケジュール>
13:00まで 森アトリエプレゼンボード提出
13:00 – 13:15 展示作業
13:15 – 13:30 投票
13:30 – 14:40 投票集計
14:40 – 14:30 講評会1 (プレゼン3分+講評5分+交代2分/1人 4人)
14:30 – 14:45 休憩
14:45 – 15:35 講評会2 (プレゼン3分+講評5分+交代2分/1人 4人)
15:35 – 15:45 最優秀作品選出 / 総評 (松川先生/高木)
15:45 – 16:10 椅子製作課題説明(松川先生)
16:10 – 16:15 レーザー講習会リマンド (TA,SA)

<提出方法>
・13:00までにオミクロン22 1階 オープンスペースにてTASAのチェックを受けること
・定刻通りに提出した者は定刻提出者用ポストイット(緑)を1枚受け取り、名前を記入し、自身の作品の右下に貼り付けること
・13:00を過ぎた者は遅れ提出者用ポストイット(青)を1枚受け取り、名前を記入し、自身の作品の右下に貼り付けること
・提出物はオミクロン22 1階 オープンスペースのガラス面1面に付き、3枚貼り付ける TASAが用意するテープで貼り付けること

<投票方法>
・投票用ポストイット(黄)をTASAから2枚受け取り、投票時に対象の作品に貼り付ける
・下記の得票簿に得票したポストイットの枚数を各自記入すること(詳細は当日説明します)
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1PbtuvW65OJjb77E8ijvX7gzT2O1yCM7pTXlZzxiZYLg/edit?usp=sharing


■椅子製作課題

<課題説明>
〇1/1スケールの段ボール椅子を作成
〇成果物の椅子のコンセプトを説明したA1サイズパネル(図面含む)を作成
〇レーザーカッター用割り付けデータをCCライセンスで公開すること(本web上、DXF/PDFデータ)

[参考]:CC(=クリエイティブ・コモンズ)ライセンスとは

 クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称です。
CCライセンスとはインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。
CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。
――――「creative commons japan」より

<レギュレーション>
・材質:段ボール(厚さ自由、面積自由)
・ツール:レーザーカッターを用いること(※スタディ段階では使用しなくてもでも良い)
・接着剤、テープ、金具などの使用は特に制限しない

<参考事例>
1.慶応SFC田中浩也研究室「自分の為の、自分だけの椅子を作る」
http://fabcity.sfc.keio.ac.jp/fabspace/project/codelab/codelab.html
2.多摩美術大学の段ボール課題「身体を支える構造体」
http://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/product/index.php/blog/1%E5%B9%B4%E7%94%9F-%E6%AE%B5%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E8%AC%9B%E8%A9%95/
3.sketchchair
http://www.sketchchair.cc/
4.CCライセンスでカッティングデータを公開している例(cutarena.com)
http://cutarena.com/cutareelog/2014/01/05/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E6%A9%9F%E3%81%A7%E4%BD%9C%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF%E9%A2%A8%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB/

※「レーザーカッター(laser cutter)」「椅子(chair, stool)」「ダンボール(cardboard)」などのキーワードで検索し、各自調査すること


■レーザーカッター使用可能な場所について

[学内例1]:ものづくり工房(Ζ館)
サイズ:1,219mm*610mm
URL:http://www.sfc.keio.ac.jp/faculty/campus_amenities/monohouse.html
(平日 9:15~12:00、13:00~16:45)

[学内例2]:メディアセンター ファブスペース
サイズ:610mm*305mm
URL:http://www.sfc.lib.keio.ac.jp/general/fabspace.html
(平日 9:30‐20:00 / 土曜日 9:30‐16:00)
※注意※メディアセンターに用意されているの素材以外使用ができません。(段ボールの持ち込み等不可)

[学外例1]:fabcafe
サイズ:813mm*457mm
URL:http://fabcafe.com/tokyo/fab/

[学外例2]:cafe labo
サイズ:813mm*457mm
URL:http://www.sl-box.jp/laser.html

[学外例3]:ものづくりカフェ和RK
サイズ:610mm*305mm
URL:http://work-cafe248.com/

注1:学外は使用料金がかかるので注意すること
注2:学校のレーザーカッターは混み合うことが予想されます。余裕を持ったスケジューリングをお願いします。


■今後のスケジュールについて

#07  ガイダンス
#08  エスキス[00](事例調査 作図練習)
#09  [00]の1/1スケールモデル提出・レビュー
#10 エスキス[01](コンセプト、縮尺模型)
#11 [01]の1/1スケールモデル提出・レビュー
#12 エスキス[02](コンセプト、縮尺模型)
#13 [02]の1/1スケールモデル提出・レビュー
#14 エスキス[03](コンセプト、縮尺模型)
#15  最終講評

※エスキス・レビューは先生/学生投票による選抜式とし、公開エスキスとする
※選抜方法は森アトリエプレゼンボード講評会のポストイット投票形式とする

■次週第8回エスキス(06/04)について

・「平面(平板)で構成された椅子」の事例をインターネットで調査する
・上記事例を10点選び、下記のA4フォーマットに①画像、②引用URLをレイアウトし、プリントアウトした紙を持参すること

[イラストレーターデータ]:150604_template
[PDFデータ]:150604_template

・3限は事例調査のレビューを行う
・4限は事例のなかから1/1スケールで再現する事例を1点選出し、カッティングデータを作成する(λ11教室に移動)


 Posted by at 6:28 pm

製図・模型用品参考

 #07 2016/05/27(金)  製図・模型用品参考 はコメントを受け付けていません。
5月 272015
 

■SFCに近い模型道具購入先

・慶應SFC生協 ※在庫が少なめなので売り切れる可能性あるので注意すること
・東急ハンズ横浜店(http://yokohama.tokyu-hands.co.jp/)
・東急ハンズ町田店(http://machida.tokyu-hands.co.jp/
・世界堂ルミネ藤沢店(http://www.sekaido.co.jp/shop_fujisawa.html
・レモン画翠(http://www.lemon.co.jp/)


■模型道具例

 

※画像はすべてamazon.co.jpより


 Posted by at 6:24 pm

#07【Rhino】最終課題

 #07 2016/05/27(金)  #07【Rhino】最終課題 はコメントを受け付けていません。
5月 142015
 

【最終課題】

「森アトリエプレゼンシート」の作成

・提出締切:#07.2016/00/00(未) 講評会開始前
・Adobe Illustratorでレイアウトすること
・800mm×600mmサイズの紙面に出力して提出すること(用紙をつぎはぎし800mm×600mmに整えてもよい,ボード化不可)
・授業前にオミクロンの一階に張り出すこと
・授業教室がオミクロン22になるので注意

・必要図面
 ・1F平面図(1/100あるいは1/150) 1面
 ・2F平面図(1/100あるいは1/150) 1面
 ・長手断面図(1/100あるいは1/150) 1面
 ・長手立面図(1/100あるいは1/150) 1面
 ・短手立面図(1/100あるいは1/150) 1面
 ・配置図(屋根伏図含む。スケール自由) 1面
・必要パース
 ・室外パース 1面
 ・室内パース 2面
・必要文字
 ・建築名、設計者名
 ・各図面、パースなどのキャプション

・注意、その他
 ・配置した家具を平面図にも反映させること
 ・人、植栽など適宜加えること
 ・学籍番号、氏名を記入すること
 ・パースはV-Rayを使用しレンダリングすること


■【Rhino】最終課題レイアウト例

<シートレイアウト例>
150514_layout_800_600.jpg

・用意した画像、図面を見やすいように整列し上図の様にレイアウトする(後述のグリッドレイアウトを参照のこと)
・上図レイアウトでは家具データが平面図に反映されていないが、適宜配置すること
・上図レイアウトでは説明文(あるいはキャプション)などは省略したが、必要な場合は適宜加えること

<グリッドレイアウト>
150514_layoutgrid_800_600.jpg

・レイアウト用のグリッド線を作図すると整然としたレウアウトが可能。(実際はグリッド線は表示しない。レイアウト用の基準線。)
・TA/SAが作成したものも非表示されたグリッドを表示すると画像、図面がすべてグリッドレイアウトに沿って配置されているのがわかる

<TA/SA作成のグリッドレイアウトデータ(イラストレータデータ)>
150514_layout
・参考までにTA/SAが作成したグリッドデータを公開します。(使わなくても良い)
・上記リンクからダウンロードしてください。

 Posted by at 2:27 am