4月 092015
 

【講習1】- トップライト

■トップライトのモデリング(Polyline, ExtrudeCrv, Offset, Rotate3D)

toplight
・上図のような断面形状のトップライトを作成する
・トップライト厚さ(Offset) 50mm

toplight01   toplight02

・参考1:E棟立面図(1)(A-33)
・参考2:E棟立面図(2)(A-34)
・参考3:E棟断面図(A-39)

・トップライトの部分の側面を埋める
トップライト側面

PolyLineポリラインpllink

ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
offset Offset オフセット of link
Rotate3D
(コマンド右クリック)
3D回転 ro3 link

 

【演習1】
■森アトリエのトップライト作成


【講習2】- 軒先

■軒先(Polyline, ExtrudeCrv, Offset)

water01   water02
・厚さ 5mm
・軒の出 120mm
・参考1:E棟断面図(A-39)
・参考2:仕様断面図(A-40)

PolyLineポリラインpllink

ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
offset Offset オフセット of link

 

【演習2】
■森アトリエの軒先作成


【講習3】- 壁

■壁のモデリング(Poliline, ExtrudeCrv, Copy, Roate3D)
wall
・壁厚:150mm
・1F壁サイズ:1スパンの場合→横1050 × 縦2,360mm 2スパンの場合→横2,250mm × 縦2,360mm
・2F壁サイズ:1スパンの場合→横1050 × 縦2,400mm 2スパンの場合→横2,250mm × 縦2,400mm
・2F壁(外周梁付き)サイズ:横2,250mm × 縦2,250mm
・参考1:E棟平面図(A-22)
・参考2:E棟立面図(1)(A-33)
・参考3:E棟立面図(2)(A-34)
・参考4:E棟断面図(A-39)
・参考5:建具表(A-74)

wall1 >> wall2
・引違い腰窓(建具符号:WW-3)が配置される場所は1,500mm * 1,200mmの開口を空けておく

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
Copy 複製 co link
Rotate3D
(コマンド右クリック)
3D回転 ro3 link

 

【演習3】
■森アトリエの壁作成


【講習4】- 窓

■窓のモデリング(Poliline, ExtrudeCrv, Copy, Roate3D)
window
<全窓共通>
・サッシ厚(見込寸法):40mm
・ガラス厚:20mm
・参考1:E棟平面図(A-22)
・参考2:E棟立面図(1)(A-33)
・参考3:E棟立面図(2)(A-34)
・参考4:E棟断面図(A-39)
・参考5:建具表(A-74)

window1
<引違い腰窓(建具符号:WW-3)>
・開口サイズ:H 1,500mm * W 1,200mm
・サッシ幅(見付寸法):50mm100mm

window2
<引違い掃出窓(建具符号:WW-1) >
・開口サイズ:H 2,150mm * W 2,250mm
・サッシ幅(見付寸法):50mm100mm
・床埋め:幅 150mm* 高さ 110mm
・上部小壁:幅 150mm* 高さ 100mm

window3
<FIX窓(建具符号:WW-4) >
・開口サイズ:H 2,250mm * W 2,250mm
・サッシなし
・床埋め:幅 150mm* 高さ 150mm

002
<片開きドア(建具符号:WW-10)>
<片開きドア(建具符号:WW-9)>
・開口サイズ:H 2,150mm * W 1,050mm
・サッシ幅(見付寸法):50mm100mm
・床埋め:幅 150mm* 高さ 110mm
・上部小壁:幅 150mm* 高さ 100mm

※サッシとガラスのレイヤを分けること

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
Copy 複製 co link
Rotate3D
(コマンド右クリック)
3D回転 ro3 link

 

【演習4】
■森アトリエの壁作成


【講習5】- ルーバー

■ルーバーのモデリング(Poliline, ExtrudeCrv, Array, Roate3D)
window
・参考1:E棟立面図(1)(A-33)
・参考2:E棟立面図(2)(A-34)
・参考3:ルーバー断面詳細図(A-39)

Louver2

001
・ルーバーフィン:幅30mm * 奥行き60mm @120mm
・堅(縦)框:幅30mm * 奥行き105mm
・上/下框:幅60mm * 奥行き75mm

・2Fルーバー戸高さ:1,950mm
・1Fルーバー戸高さ:2,190mm

・梁下面との隙間:75mm

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
Array 配列複製 arr link
Rotate3D
(コマンド右クリック)
3D回転 ro3 link

 

【演習5】
■ルーバーの作成


【講習6】- デッキ

■デッキのモデリング(Poliline, ExtrudeCrv, Array, Roate3D)
deck
・参考:E棟平面図(A-22)

deck1
①1F玄関デッキ
・デッキ板材:厚さ30mm * 幅105mm @ 110mm
・デッキ桁材:幅75mm * 高さ60mm

deck2
②2Fテラスデッキ
・デッキ板材:30mm * 105mm @ 110mm
・デッキ桁材:幅75mm * 高さ100mm

PolyLine ポリライン pl link
ExtrudeCrv 押し出し(閉じた平面曲面から) extc link
Array 配列複製 arr link
Rotate3D
(コマンド右クリック)
3D回転 ro3 link

 

・デッキの位置
MoriAtelier_deck

【演習6】
■デッキの作成


【講習7】- make2Dによる立面図の生成

■立面図の生成(make2D)
make2d >> make2d2
①図面の元になる3Dモデルを選択する
②ビューを設定する
③make2Dを実行する

Make2D 2D図作成 m2 link

 

【演習7】
■make2Dによる立面図の生成


【提出】
①本日の授業まで作成出来た森アトリエのモデルパース
②make2Dで作成した立面図2枚1枚 1:100(寸法線、基準線記号、方位などを含む)
・立面図には「GL」「1FL」「2FL」「RFL」などのレベル記号を記入すること
・A3横使いの紙面でプリントアウトしたものを提出すること
・図面名、氏名、学籍番号を記入すること
・提出締切 第5回授業開始時

・提出例:

model2

-1
ele1

②-2
ele2

■立面図チェック項目

チェック項目 備考
○線種が設定されているか ・GL:極太線、実線
・基準線:細線、一点鎖線
・その他:中線、実線
○寸法線、寸法値が縦横それぞれに入っているか
○基準線記号が縦横それぞれに入っているか
○レベル記号が記入されているか ・「GL」:地面(Ground Level)
・「1FL」:1階床面(1st Floor Level)
・「2FL」:2階床面(2st Floor Level)
・「RFL」:屋根裏床面(Roof Floor Level)
○スケールバーが記入されているか
 Posted by at 10:49 am

Sorry, the comment form is closed at this time.